暑くなってくると汗が出てくるのは正常な機能という事は分かっていても暑くなってくると気になるのが自分の汗。

汗が出てくると臭いに変わってしまわないか性別問わず気になるものですが特に女性は気になりますよね

特に最近自分の脇から変わった臭いが…なんて戸惑っている方!もしかしたらワキガになる可能性があるかもしれません。

どんな人がワキガになりやすいのか、どうすれば予防できるのか取り上げていこうと思います。

 

 

現代社会では回避不可能?原因は日常生活に潜んでいた!

昔はこんなこと無かったのに…と戸惑われる方も多いと思いますが無理もありません。

大人になると生活習慣や体質の変化から体臭が強くなるんだそうです。

普段からファーストフードや外食の機会が多かったりタバコやアルコールをたくさん摂取するようになったりストレスの多い生活を送っているとワキガ予備軍の仲間入りになる可能性が濃くなるんだとか。

こうしてみると今の日本社会で生活していたらだれでも陥りやすいという事ですね

現代病なら仕方ないね、じゃあみんなで一斉に臭いに慣れようか。なんて許容できる事でもないのでどうにかワキガにならないように心掛けたいものですが、回避する事は出来るのでしょうか?

 

 

酷くなると手術が必要な場合も!そうなる前に自分で出来る予防策

現在ではワキガも治療する事が出来るようですが、費用もかかるしリスクがゼロではないので深刻な状況になって「あの時ああしていれば…」と後悔しないように出来る事はしておきましょう!

ワキガを予防するにはバランスのとれた食事がポイントの様です。

お肉よりもお魚や大豆など、良質なたんぱく質を摂ったり野菜を積極的に摂る事で余分な脂肪分を肌に分泌させる事を避けて肌を酸化させる要因を避ける事が出来ます。

また、運動や入浴でたくさん汗をかく事でストレスを解消も出来るし老廃物を定期的に排出させる事で汗腺を清潔に保つことで汗の質を良くして臭いが蓄積されていくのを避けられるんだとか。

長い間使われていない水道から水を出す時は中の傷んだ水を出すのに暫く水を出しておかないといけないのと同じように、汗を定期的にかいていないと汗腺に汚れとか、それこそ皮脂とか溜まってしまってそれが臭いの原因になるんだそうです。

更に恐ろしい事に、酸化した皮脂が将来的に加齢臭の原因の一つになると言われています。

なんて怖ろしい…汗をかくのが嫌で日々汗をかかないように過ごしてきた私の最悪な将来が少し見えてきた気がします

 

 

少しの手間で臭いとさよなら!隙間時間で出来る予防策

生活習慣を改善してもすぐに効果は表れないと思うのでやきもきすると思いますが、汗をかいたな、と気づいた時にこまめにウェットティッシュやウェットシートで汗を完全に拭き取ったりデオドラント効果のあるスプレーやクリームを塗るようにするとさらに効果があるようです。

今はドラッグストアで色々な種類があるので自分に合ったものが見つかるかもしれませんね。

あとは汗を吸い取る消臭機能のある下着をつけたり汗取りシートを使うと腋を清潔に保つことも出来るし洋服にしみ出すかもしれないという心配も減っていいかもしれませんね。

まだワキガの心配が無い人にも言える事ですが、冬の間怠りがちな腋のムダ毛の手入れをきちんとするだけでも効果的な予防策になるそうです。

 

 

臭いを気にしないスッキリした身体で夏を楽しく過ごそう!

自分の身体から臭いが発せられてしまうと服装にも影響を及ぼしかねないですし、心の底から楽しめませんよね、ですがワキガは日常生活でほんの少しの工夫で予防できるので予防策を生活の中に組み込んでこれからの暑い時期楽しんでいきましょう!

わきが手術の費用は?保険は効くの?もうわきがで悩みたくない!