閉ざされた空間で大多数が集まり熱気に包まれる催し物「ライブ」。

推しているバンドやアーティストがいる場合は一度でいいからライブに参加して生で応援したい!!となる人が多数だと思います。

 

これから本格的な夏シーズン到来ともなれば炎天下の下での「夏フェス」だって行われますしね。

暑くて熱い催し物です。

 

そんな催し物に参加したくても躊躇してしまう「ワキガ体質」の人も多いかと思います。

特に日本はまだまだワキガに対する偏見もありますから肩身が狭く感じる人はいらっしゃるかと…

 

ですが、それが好きな事を諦めていい理由にはならないと思います。

 

今回はそんなワキガ体質でライブ等を楽しむにはどんな対策をすると良いか?を見ていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

ワキガの対策は?

 

 

 

ワキガはその人の体質が関係するものですので「不潔にしているから」が原因ではありません(不潔にしている人はワキガ体質限らず体臭は強くなりますし)。当然「病気」でもありません。

 

ワキガにニオイの原因は通常の塩分と水分のみの汗を掻く汗腺(エクリン汗腺)とは別に皮脂やたんぱく質等の栄養が含まれた汗を掻く汗腺(アポクリン汗腺)からの汗が皮膚の常在菌に分解される事により発せられるニオイです。

ワキガ体質の人はこのアポクリン汗腺が活動している為ワキガの原因となる汗を掻いてしまうという訳です。

 

ならば汗をしっかり洗い流せば…と思うかもしれませんが…ライブ会場や夏フェスのような熱が籠もる又は炎天下に晒される場所でしたらまず無意味ですね。

汗を小まめにふき取るという対策も通常なら有効ですが…汗が滝のように流れるのでは追いつきません。

 

まず、やっておくべき事の一つは体質を良くしておく事…になります。

 

 

前日の仕込みが大事

ワキガに限らず食事は翌日の体の調子を作る材料になります。

前日にニオイの強い食品を食べると体臭が強くなってしまいますからね。ですので、まずはここからになります。

 

実際ワキガの臭いを強くしてしまう要因には食べ物があります。

前日…念を入れたいならば3日くらい前から食事に気配るのが大事ですね。

 

ワキガの臭いを強くする食品ですが…

・肉類、動物性脂質を多く含む食材(バター等の乳製品)、ニンニク、ニラ、キムチ等の臭いの強い食品、カレー等スパイスの効いた食品(トウガラシも)、そして、ハンバーガーやフライドポテト等のジャンクフード…等々ですので、それらを避けて置くのが良いです。

 

 

逆にどんな食品がワキガの臭いを薄めてくれるのか…というと上記の食材とは逆に「野菜中心の食事」が良いですね。

野菜は元々デトックス作用(悪いモノを出してくれる効果)があるのでワキガに限らず健康に良い食材ですし。

 

 

避けるべき対策と効果的な対策

 一般的なワキガ対策では臭いを誤魔化す為に香水を付けて置く…というモノが有ります。

こちらは通常時でしたら効果的な対策ですがライブ等では逆効果になってしまいます。

 

先にも述べましたがライブ会場や炎天下の夏フェス等では汗を滝のように掻いてしまうのでその程度の対策は無意味に近くなってしまいます。

更に野外でしたら香水の匂いに誘われてやってきた蜂等の虫に刺されてしまう可能性まで出てきてしまい挙句の果てにはワキガのニオイと香水のニオイが混ざり合いされに悲惨な事になり兼ねません。

制汗剤スプレーも香り付きのタイプは同じ事になりますので無香料タイプを選びます。

 

熱量も汗の量も半端じゃない!!ばらば、負けずに強力なデオドランド剤を使うのが良いです。

デオドランドはワキガにも有効ですので安価で選ばす殺菌力の強さで選ぶ事が大事になります。

 

衣類関連でもワキガ対策に有効なモノが出始めております。

汗の吸水性、ニオイの消臭性が高い肌着(ユニクロのエアリズム等々)を選んで使用するのが良いです。

ワキガは脇汗が原因(アポクリン汗腺が多く分布されている為)ですから。

脇の汗を受け止める「脇汗パット」も使用すると良いです。

それに加えてデオドランドクリームを使用すると更に心強いですね。

わきが用デオドラントランキングを発表!!本格的に始めたい人必見!

 

まとめ

 熱気に包まれる訳ですので対策をしても…という結果が無い訳ではありません。ですが会場にいる大多数も多く汗を掻きます。当然いわゆる「汗臭い」状態になります。

 

充分な対策をする事で更に酷いニオイになる事を避けられる。自分が気にするほど他の人も気にしていない…と思う事が大事です。

折角のライブですので気にせずに楽しめる事が一番大事ですから。

 

ここまでのお付き合いありがとうございます。