剛毛というと、胸毛やすね毛がすご~い外国人男性を思い浮かべてしまいます。

洋画に出演している可愛いお顔の男性俳優さんが、脱いだら、「おおっ!胸毛がふさふさ」

あまりのギャップに一瞬映画の筋を忘れてしまうことがあります。

もじゃもじゃしてて、何かしらの香りがしそうで私は正直苦手です。

 

そのもじゃもじゃが、ワキガの原因・・・・という噂を聞きました。

ワキガと剛毛の関係、調べてみようじゃありませんか!

 

 

どうしてワキガになるの?

ワキガの原因は、一言でいえば、“汗”です。

汗が雑菌と混ざって酸化し、独特のあの匂いを出します。

でも汗なら誰でも出ます。

どうして匂いのきつい人とそうでない人がいるのでしょう。

 

それは、汗腺の違いなのです。

汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺があります。

 

エクリン腺から出る汗は、さらさらしていて匂いはほとんどありません。

この汗を長時間放っておくと、酸化していわゆる「汗臭い」匂いになりますが、

強烈なにおいを放つことはありません。

 

対してアポクリン腺から出る汗は、べとべとしていて脂質・タンパク質・アンモニアなどの物質が含まれているため強烈なワキガの匂いを出してしまうのです。

シャツの脇が黄色くシミになってしまったのを見たことがあると思いますが、それもアポクリン腺から出た汗のせいです。

アポクリン腺から出る汗が多ければ(アポクリン腺が多い・太い)匂いやシミもきつくなりそれが「ワキガ」ということになります。

 

 

剛毛とワキガの因果関係は?

題に戻りましょう。

“剛毛の人はワキガになりやすい”

“ワキガの人は、剛毛が多い”

これって“ニワトリと玉子、どっちが先?”みたいな話なんでしょうか。

 

結論から言うと、この説は科学的には証明されていません。

ですが、剛毛なら匂いがきつくなりやすいというのは本当です。

 

なぜなら、毛が多かったり、毛が太いとそれだけ汗腺が多い、太いわけですからアポクリン腺から出る汗も多くなります。

その上、汗が毛に付きやすく、雑菌とも混ざりやすいですからまさにワキガの発生にもってこいの環境になるのです。

 

残念ながら、剛毛の人は、ワキガに一番近いところにいるようです。

「天国に1番近い島」ならよかったのにね。

 

 

他にワキガになりやすい人って?

アポクリン腺が多い人がワキガになりやすいのですから、汗腺自体が多いかどうかがポイントですね。

 

脇毛が多い・濃い人

ワキガの大好きな環境です。

 

耳垢が湿っている人

耳垢が湿っているのは、アポクリン腺が多い証拠なのだそうです。

 

この2つに当てはまる人は、ワキガの可能性があります。

「Σ(゚д゚lll)ガーン!当てはまるぞ!」

そう嘆いている人、まだ大丈夫

手はあります。

 

仮にワキガと断定されても匂いを和らげる対策を取ればいいのです。

 

手っ取り早い方法は、脇毛の脱毛です。

でも、女性ならまだしも男性にとってはハードルが高いかもしれません。

今どきの男の子ならそんなこともないかな?

どちらにしても、多少お金がかかります。

それでは、お金をかけずに匂いを弱める方法を考えてみましょう。

 

・・・・匂いを「にほひ」と書いてみる・・・・。

 

冗談です!

 

 

ワキガの匂いを悪化させないぞ!

匂いを防ぐために清潔にしておくというのはもちろん大前提です。

それ以外で匂いが出にくい方法を紹介します。

 

ワキガの原因であるアポクリン腺は、刺激を受けると活発になります。

刺激とは、お酒・辛いものなどの刺激物・脂っこいものを食べたり過度のストレスを受けることです。

 

ストレスを受けないようにというのは、日々生きていく中で難しいことかもしれませんし、この厳しい世間を生きていくためにはみなさん何かしらのストレス解消方法を実行されていることでしょう。

趣味や軽い運動、入浴などでリラックスすることでストレスを軽くしましょう。

 

次に食生活について

少しアドバイスさせていただきます。

 

ワキガに良い食事。

それは、私たちにとっても馴染み深い”和食“なのです。

 

お米や野菜、魚中心の和食は、

・高たんぱく・高脂肪食品のものがない

・植物性脂肪が多い

・野菜に含まれるビタミン類も豊富

・栄養のバランスも良い

ワキガの匂い対策としても最適なのです。

 

お肉ガツガツもいいですが、和食の良いところ、見直してみてくださいね。

 

 

まとめ

ワキガと剛毛、少し関係がありましたね。

ごめんなさい、やっぱりと思ってしまいました。

でも、ワキガの原因が汗腺の種類にあるとわかれば対策は立てられるはずです。

 

最近では、制汗剤も優れたものが多いです。

汗をしっかり押さえるものや

匂いを分解するものなどいろいろです。

という事はみ~んな匂いが気になっているんですね。

 

もしかしたらある程度は「お互いさま」なのかも。

 

私たちはみんな、生きている以上何らかの匂いを発しているのですからお互いに心使いしながら暮らせばいいのではないでしょうか。

 

ちょっと、オーバーでした?