image1-22

子供のわきがで大事なことはまず、一番身近な親が気づいてあげることだと思います。

わきがのほとんどは遺伝性のものです。両親、親のいずれかまたは、どちらかの親族にわきがのひとがいると遺伝する確率は高いのです。

まだまだ小さい頃は気づかないわきがですが、わきがのひとが身近にいる場合はお子さんのにおいを少し気にしてみてください。

わきがは病気ではありません

image2-24

わきがは病気ではなく体質です。いろいろな体質がある中でもわきがは他人にわかりやすく、不快にさせてしまうところが困るところですよね。

そして「体質だから」で片づけられないだけに悩まれるかたが多いのです。

赤ちゃんがミルクのいい匂いがしても、わきがのする赤ちゃんや小さな子供に出会ったことはないと思います。

それは、わきがの体質は成長とともにつくられていくからなのです。なので、親が気にしてあげる必要があると思います。

子供というは恐ろしいほどに正直で残酷な時があります。小学校に行くようになってお友達の何気ない一言で傷つくようなことあってはかわいそうですから。

わきがの原因と対処法

image3-26

わきがは「○○をすると臭う」というように決まった式があれば対処が楽なのに…。

通常の汗というのは基本的には無臭ですが、皮膚の表面の雑菌と反応して「汗臭い」臭いが発生します。

しかし、わきがの原因は汗とはちょっと違っていて、アポクリン腺という汗腺があるせいなのです。アポクリン腺から出た汗はタンパク質や脂を含んでおり、その汗が更に皮膚の表面の菌と混ざり強い臭いとなってしまうわけです。このアポクリン腺は自然に無くすことは難しく手術をする以外にありませんが、子供のわきが手術は待った方がよさそうです。子供は成長過程にあるため早くに手術をしてもまたアポクリン腺ができる可能性があるからです。手術は成人してからが良いといわれています。

ですので、普段の生活の中で気を付けて臭いを緩和させることをお勧めします。

  1. いつも清潔にしておく
 わきの下は汗をかきやすい場所ですので気付いた時にアルコールを湿らせたコットンや除菌のウェットティッシュなどで拭くようにしましょう。水分が乾いたところでデオドラント剤を使うとさらに効果的です。
   2. 食事に気を付ける
 育ち盛りの子供はやはり肉料理が好きだと思います。もちろん、成長するためにはタンパク質は重要ですが、肉料理は脂肪分が多いので、野菜もバランスよく食べることを心がけましょう。
   3. 身につける素材に気を付ける
 できれは綿素材のものが良いでしょう。ナイロンやアクリルなどは通気性が悪いため蒸れやすくなってしまいます。汗をかきやすい素材の場合は汗脇パッドのようなものを一枚つけてあげるのもいいかもしれませんね。
   4. お風呂に入る
 シャワーは簡単でいいのですが、しっかり湯船につかって温まり、汗と一緒に老廃物を出してあげるのも効果的です。

わきがに効果的グッズ

子供にも安心して使えるグッズを少しご紹介します。

汗わきパッド

子供のわきがに効果的と評判の制汗剤



ウェットティッシュ

小児わきがは早く対処してあげましょう! まとめ

image4-28

・わきがは病気ではなく体質です。

・手術は大人になるまで待った方が良いです。

・普段から清潔に保つことを心がけましょう。

子供はとてもデリケートです。お友達にもし「臭い」なんて言われたら相当悩むと思います。ですので、そうなる前に親が気づいてあげることがとても大切だと思います。そして傷つけないように教えてあげることも大事ですね。神経質になってもいけないので自然と習慣づけられるようにしてあげられたらいいですよね。「汗をたくさんかくところはキレイにしておいた方がいいんだよ。」くらいで、ハンカチ、ティッシュ、ウェットティッシュの三点セットを用意してあげて体育の授業の後はチョット拭くとかできるようになるといいかもしれないですね。